学校長より





高品位な進学伝統校を目指します!


学校長
鳥井 誠司

 三重県立神戸高等学校のホームページをご覧いただきいただきありがとうございます。

 本校は1920年(大正9年)に開校し、2年後の2020年には記念すべき創立100周年を迎える歴史と伝統ある学校です。開校当時の前身県立神戸中学校以来、約100年にわたって鈴鹿市の中心校として地域の方からも大切にしていただいております。卒業生は約3万人を数え、地元鈴鹿市はもとより、県内外の様々な分野で活躍しています。

 本校は現在普通科6クラス、理数科2クラスの構成となっております。大部分の生徒が四年制大学への進学を目指して日々学習に勤しんでおります。英語と数学で少人数の習熟度別授業の導入、ガイダンスや面談を年間通して実施しながら、生徒一人ひとりの進路希望実現を目指しきめ細かい指導を行っております。また、理数科においては新入生の宿泊研修や校内講演会を実施し、生徒の学習への取り組み意欲を高めたり、課題研究によって探求的学習を行うことにより学習の質を更に向上させています。

 一方、本校は「質実剛健」を校訓とし、「文武両道」の気風に溢れ、学習活動はもとより、クラブ活動や学校行事にも力を注いでいます。ほとんど生徒がクラブ活動に参加しており、熱心に活動しています。また伝統の体育祭はじめ様々な学校行事があり、生徒会活動も活発で、そういった活動を通じての人格形成や人材育成も本校の特徴の一つです。

 今年度の新入生が受験を迎える2021年には新しい「大学入学共通テスト」が開始され、2022年には新指導要領が改訂されるなど、今高校教育は大きな転換期を迎えています。本校としましても、不易流行をしっかりと見定めながら、探求的な学習や主体的・対話的で深い学習を更に促進し、生徒に質の高い学力をつけることはもとより、自主自立の精神など豊かな「生きる力」を育んでいかなくてはなりません。そのため、日々の授業、学校行事、クラブ活動等、より良い「学びの場」提供できるよう、地域や保護者とも連携しながら、教職員が一丸となって進取の気概をもって取り組んでまいります。